糖尿病とは

糖尿病とは、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が非常に高くなる生活習慣病のことです。

血糖値は本来、インスリンやグルカゴン、コルチゾールなどのホルモンの働きによって正常値に保たれていますが、何らかの原因によって調節機構が乱れると、血糖値が上昇し、糖尿病を発症します。

日本国内の糖尿病患者数は以前は約3万人程度でしたが、その後40年間で700万人程度まで大幅増加しており、糖尿病予備軍を含めるとその数は2000万人にも及ぶと言われています。

初期は自覚症状が少ないため、発見が遅れることが多く、口や喉の渇き、多尿などの症状があらわれる頃はかなり血糖値が高い状態となっています。

糖尿病の症状

糖尿病の主な症状としては、前述の通り、口・喉の渇き、多尿などが挙げられます。

さらに血糖値が高くなると、重篤な糖尿病性昏睡を引きおこし、意識障害や腹痛などの症状をおこす場合があります。

他にも、糖尿病によってさまざまな合併症を引きおこす可能性があり、視力の低下を招く糖尿病性網膜症や、全身倦怠感・むくみなどを発症する糖尿病性腎症、手足のしびれや立ちくらみなどを起こす糖尿病性神経障害などが挙げられます。

また、糖尿病によって心筋梗塞や脳梗塞などの重疾患を招くおそれもあることから、早期発見・早期治療が求められています。

原因と治療

糖尿病には1型2型がありますが、生活習慣を原因とする場合、そのほとんどは2型に分類されます。

2型糖尿病の発症原因については、まだ全容解明には至っていませんが、遺伝的に糖尿病になりやすい人が喫煙、運動不足などの生活習慣を送ることによって発症しやすいことが判明しています。

2型糖尿病の治療は進行度によって異なりますが、まずは食事療法と運動療法がメインとなります。

それでも血糖値が正常に戻らない場合、経口血糖降下薬を使用するなどの投薬治療が施されます。

投薬治療でも血糖値が正常化しない場合や、症状が重い場合は、インスリンを自己注射する治療が開始され、患者は医師の指導のもと、自分で定期的にインスリンを投与することになります。

生活習慣病予防にはこちらがオススメ!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!