胆石症とは

胆石症とは、胆道に結石ができる生活習慣病です。

胆道とは、食事で摂取した脂肪分やビタミンの消化・吸収を助ける胆汁が通る道のことで、大きくわけて肝内胆管肝外胆管胆嚢に分類されます。

胆石症は結石ができた部位によって呼び名が異なり、肝内にできた場合は肝内結石、肝外にできた場合は胆管結石、胆嚢にできた場合は胆嚢結石と呼ばれています。

日本人の胆石保有率は年々増加傾向にあり、現在、日本人成人の10人に1人は胆石を保有していると言われています。

胆石症の症状

胆石症の症状は結石ができた部位によって異なります。

肝内結石や胆管結石の場合、発熱や腹痛のほか、胆汁が血液中に逆流すると黄疸をきたすことがあります。

さらに、胆汁中の細菌が血液中に入り込むと敗血症や菌血症になり、悪寒をともなう高熱や意識障害、ショックを発症し、場合によっては死亡する危険性があります。

一方、胆嚢結石の場合、多くは無症状で、明確な症状が出るのは全体の20%にとどまっています。

主な症状としては、上腹部の違和感や腹部膨満感となりますが、脂肪分の多い食物をとった後に起こりやすいところが特徴です。

原因と治療方法

原因となる胆石は、その成分によってコレステロール系結石、色素結石、その他まれな胆石に分類されます。

このうち、最も頻度が高いのがコレステロール系結石による胆石症で、高脂肪食や肥満、脂質異常症、糖尿病などによって胆汁中のコレステロールが増加することにより、結石ができやすくなります。

治療法は胆石症の種類に応じて異なり、肝内結石や胆管結石の場合、内視鏡を使用した結石の切除が主流となっています。

一方、胆嚢結石の場合、無症状であることが多いため、積極的な治療を行うことはありません。

ただ、胆嚢の壁が厚くなったり、胆嚢が縮んでいるなどの異常が認められる場合、胆嚢摘出術や内服剤による結石の溶解などの治療が行われます。

生活習慣病の詳しい資料請求はこちら!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!