歯周病とは

歯周病とは、歯周組織にさまざまな疾患が発生する生活習慣病です。

代表的な疾患としては、歯肉に炎症が起こる歯肉炎と、他の歯周組織にまで炎症が及ぶ歯周炎があり、歯周病における二大疾患と言われています。

歯科疾患実態調査によると、歯周疾患の目安となる歯周ポケットが4mm以上存在している割合は年々増加しており、特に50代では約半数に達しています。

なお、歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症のひとつとしてギネス・ワールド・レコーズにも掲載されており、非常に罹患率の高い生活習慣病と言えるでしょう。

歯周病の症状

歯周病の症状は疾患によって異なりますが、代表例である歯肉炎では、歯ぐきのむずがゆさや歯ぐきから出血などが挙げられます。

歯ぐきを押すとぶよぶよしており、場合によっては指に血がつくこともありますが、一般的に症状は軽症で、痛みをともなうことが少ないため、治療が遅れる場合があります。

一方の歯周炎では、病変が進行すると歯がぐらついて咀嚼しにくくなったり、かみ合わせで痛みを感じるようになります。

重症化すると歯を支えられなくなり、最悪の場合、抜歯することになります。

原因と治療方法

歯周病の原因は多岐にわたりますが、中でも主原因となるのが歯垢(プラーク)です。

口腔内には多種多様な細菌が存在していますが、これらの細菌が増えすぎたり、細菌に食べかすが付着するとプラークとなり、歯や歯のまわりに炎症を起こす原因となります。

プラークは通常の歯磨きで落とすことが可能ですが、歯周ポケットが深くなり、プラークがポケット内にたまってしまうと歯磨きで除去することは難しくなります。

さらにプラークと唾液中に含まれるカルシウムが混じると歯石となり、歯磨きだけで除去することは不可能となるため、歯科医で器具を使った除去が必要となります。

歯周病の主な治療法としては、歯周病の原因であるプラークの増殖を抑えるプラークコントロールを基本に、歯垢・歯石の除去や、詰め物・かぶせ物を使った修正治療、抗生物質の投与による細菌の除去などが行われます。

生活習慣病の詳しい資料請求はこちら!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!