心筋梗塞とは

心筋梗塞とは、心筋への血流が阻害され、心臓に障害が起こる虚血性疾患のひとつです。

心臓が栄養としている冠動脈の血流量が低下すると心筋が虚血状態になり、やがて壊死を引きおこします。

発症形式はいろいろありますが、一般的には急激な症状を引きおこす急性心筋梗塞のことを指します。

ちなみに、壊死まで至らない前段階の状態を狭心症といい、こちらは胸痛や胸部圧迫感などが主な症状となっています。

心筋梗塞の症状

心筋梗塞になると、ほとんどの場合、胸の中央からみぞおちまで広い範囲で胸痛を感じます。

症状があらわれる部位は狭心症とほぼ同じですが、胸痛の度合いは強く、痛みのあまり冷や汗や呼吸困難などの症状に見舞われるほか、場合によっては意識を失うこともあります。

発作の持続時間は長く、狭心症発作が一時的であるのに対し、最低でも30分以上強い痛みが続きます。

発作が始まるとすぐに心筋の壊死が始まるため、激しい胸の痛みを感じたら、早急に治療をほどこす必要があります。

原因と治療

心筋梗塞の主な原因は、動脈硬化が進行し、血栓ができてしまうことにあります。

血管内に血栓ができると血流が滞るようになりますが、冠動脈が完全につまって心筋に血液が行き渡らなくなると心筋梗塞を発症します。

そのため、心筋梗塞を予防するには、生活習慣病の主な原因となる動脈硬化を防ぐことが最善策であり、食事や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣を根本から改善する必要があります。

特に高カロリー食の過剰摂取はコレステロールや中性脂肪を増やし、血管をつまらせやすいドロドロ血液の原因となるので注意しましょう。

なお、心筋梗塞の主な治療法としては、薬で発作を予防する薬物療法のほか、冠動脈内を治療するカテーテル療法、手術によって血管を再建する外科療法などが挙げられます。

生活習慣病予防にはこちらがオススメ!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!