脳卒中とは

脳卒中とは、頭蓋内の血管に異常が発生し、脳組織の障害を引きおこすことによって発症する生活習慣病です。

脳血管の障害を原因とする脳の病気はまとめて脳血管障害と呼ばれますが、このうち、急激に発症したものが脳卒中と呼ばれています。

いずれの場合も脳血管の異常による出血が原因で、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などを発症します。

数ある病気の中でも特に死亡リスクが高く、日本人の三大死亡原因のひとつにも数えられています。

脳卒中の症状

脳卒中の症状は、脳のどの部分で出血したかによって異なります。

症状があらわれるのは突発的で、つい昨日まで無症状だったにもかかわらず、突然顔面や足の麻痺、感覚障害、筋力低下、下の麻痺による失語状態などの症状が起こります。

また、激しい頭痛や吐き気、視力障害、めまいなどを感じるケースもあり、人によっては平衡感覚を失って倒れてしまうことがあります。

症状があらわれた後の経過は人それぞれで、発症直後に脳の機能が大きく損傷する例もあれば、一度症状がおさまり、小康状態となる場合もあります。

いずれの場合も、放置すると命の危険性がありますので、気になる症状があらわれたら直ちに病院を受診し、専門医の診察を受けるようにしましょう。

原因と治療

脳卒中の最大リスクは、血圧が異常に高くなる高血圧症です。

また、動脈硬化や糖尿病、不整脈、脂質異常症なども危険因子とされており、他の生活習慣病が発症原因につながる可能性もあります。

そのため、これら危険因子のもととなる喫煙や過度の飲酒、運動不足、ストレスなどの生活習慣を見直すことが予防策として有効です。

治療法は症状によって異なりますが、脳梗塞の場合、血管がつまって脳への血流が不足するため、障害のない脳に血液を送り込む作業を行います。

次いで、血栓溶解療法や血管内治療などが施された後、回復期や維持期にはリハビリを中心とした治療を行います。

生活習慣病の詳しい資料請求はこちら!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!