狭心症・不整脈とは

狭心症・不整脈は、死亡リスクの高い心筋梗塞につながる危険な生活習慣病です。

このうち、狭心症は冠動脈が狭くなって心筋に血液が行き渡りにくくなる症状を指しており、心筋梗塞の前段階と言われています。

一方、不整脈は心臓の拍動の速さやリズムが乱れる症状で、虚血性心疾患や先天性心疾患が主な原因となっています。

心筋梗塞につながりやすい狭心症はもとより、不整脈についても症状によっては突然死の原因となることがあるため、両者とも注意が必要な疾患として認識されています。

狭心症・不整脈の症状

狭心症の症状は、前胸部に感じる痛みが大半となっています。

痛みは締め付けられるような圧迫感をともないますが、発作そのものは一過性で、およそ15分以内にはおさまります。

ただ、そのまま症状を放置すると、心筋梗塞を引きおこす原因となるため、発作がおさまっても専門医の受診を受け、適切な治療を受ける必要があります。

一方、不整脈はまったく症状を感じない無症候性不整脈と、動悸やめまい、息切れ、胸痛などを感じる症候性不整脈の2通りあります。

原因と治療

狭心症の主な原因は、冠動脈にプラークと呼ばれる塊ができ、血液の通り道が狭くなってしまうことです。

プラーク生成の要因としては、高血圧や高脂血症、肥満、ストレスなどがあり、生活習慣病と密接な関係があります。

一方、不整脈の原因の多くは加齢による衰えですが、次点として過剰なストレスや喫煙、アルコールの過剰摂取、不規則な生活などが挙げられるため、やはり生活習慣の見直しが必要となります。

治療法としては、狭心症については薬物療法やカテーテル療法。不整脈の場合は症状に合わせてペースメーカーの導入やカテーテル療法が用いられます。

生活習慣病予防にはこちらがオススメ!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!