高脂血症とは

高脂血症は、血液中に含まれる脂質が過剰になった状態のことです。

血液にはコレステロールや中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸など4種類の脂質が溶け込んでおり、健康な状態ではそれぞれが正常な範囲内で存在しています。

しかし、食生活が乱れると血中の脂質量が過剰になり、血管の内壁に脂質が付着して動脈硬化などを引きおこす大きな原因となります。

高脂血症は原因となっている脂質の種類によって高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症の3つにわかれていますが、このうち低HDLコレステロール血症の場合、コレステロールが正常より低いことが原因で発症します。

そのため、近年は高脂血症という名称が変更され、まとめて脂質異常症と呼ばれています。

高脂血症の症状

高脂血症そのものには自覚症状がほとんどなく、日常生活の中で高脂血症であるかどうか診断するのは困難です。

ただ、高脂血症を放っておくと、増えた脂質が血管の内壁に蓄積し、動脈硬化を引きおこすおそれがあります。

動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞などの重疾患リスクが高まるため、定期的な診断を受け、早期発見に努めることが肝心です。

ちなみに、高脂血症は健康診断におけるコレステロール値・中性脂肪値から診断することができます。

原因と治療

高脂血症の主な原因は、高カロリー食品の多い食生活です。

特に動物性脂肪を多く含む食品は血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が増える要因となり、体内に多量の過酸化脂質が発生してしまいます。

過酸化脂質は血管内で血栓を作られる原因となり、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの原因となります。

そのため、高血圧症の治療は、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養バランスを考慮した食事療法や、生活習慣の改善がメインとなります。

生活習慣の見直しでも症状が改善されなかった場合、プロブコールや陰イオン交換樹脂、ニコチン酸誘導体など、高脂血症の原因を防ぐ薬剤が投与されます。

生活習慣病予防にはこちらがオススメ!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!