高血圧とは

高血圧とは、血圧が正常値を超えて高く維持されている状態のことです。

日本では、日本高血圧学会によって高血圧の基準が定められており、収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上に保たれている場合、高血圧と診断されます。

高血圧そのものについては自覚症状がなく、健康診断などではじめて判明するケースが多くを占めていますが、血圧が高いほど虚血性心疾患や脳卒中、腎不全などの重疾患を発症しやすくなるため、注意が必要です。

ちなみに、計測する時間帯によって正常値と高血圧を行き来するような症状は仮面高血圧と呼ばれており、発見が遅れやすい上、正常血圧に比べて約3倍脳卒中や心筋梗塞になりやすいと報告されています。

高血圧の症状

高血圧の方の多くは自覚症状がないため、アメリカでは『サイレントキラー(沈黙の殺人者)』と呼ばれています。

ただ、注意して体の状態をチェックしていると、一過性の自覚症状として頭痛や頭の重み、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸、息切れ、胸痛などを感じることがあります。

症状そのものは一時的で見逃しやすいため、気になる症状を感じたら、健康診断もかねて専門医に相談してみることが大切です。

特に動悸や息切れ、胸痛については、放置すると心不全や心筋梗塞につながるおそれもあるので要注意です。

原因と治療

高血圧の原因は多岐にわたっており、遺伝や食生活、ストレス、肥満、運動不足などの生活習慣が挙げられます。

血管は加齢によって老化するため、高齢者は高血圧になりやすい傾向にありますが、さらに普段の食生活で塩分を摂りすぎたり、過労やストレスなどが重なったりすると、高血圧リスクが高くなります。

また、肥満になると心臓に過度な負担がかかり、血圧が上がりやすくなるので、高カロリー食や運動不足も高血圧の大きな原因と言えるでしょう。

治療法としては、食事療法や運動療法をベースに、降圧薬による薬物治療が行われます。

生活習慣病予防にはこちらがオススメ!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!