骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは、骨がもろくなって骨折などの障害が起こりやすくなる生活習慣病です。

正常な骨の場合、骨吸収と骨形成のバランスが維持されており、骨量は一定値を確保しています。

しかし、骨吸収が骨形成を上回ると、骨量が減少し、骨がスカスカになってわずかな衝撃でも骨折しやすくなってしまいます。

超高齢化社会である日本では骨粗鬆症の患者は年々増加の一途をたどっており、国内の患者数は約1000万人を超えていると推測されています。

特にホルモンの分泌バランスが乱れると更年期以降の女性の罹患率が高く、60代女性では3人に1人。70代女性では2人に1人が骨粗鬆症にかかっているといわれています。

骨粗鬆症の症状

骨粗鬆症は骨量の低下によって発症しますが、それだけで症状があらわれることはほとんどありません。

実際、初期段階では自覚症状がなく、骨折して初めて骨粗鬆症に気づくケースが大半を占めています。

骨量が低下すると、転倒などで骨折するリスクが増えるほか、ひどい場合はくしゃみだけでも骨折する可能性があります。

骨折する部位はまちまちですが、閉経や老化によって発症する原発性骨粗鬆症の場合、股関節や手首の骨折のほか、脊椎圧迫による骨折が多い傾向にあります。

原因と治療方法

骨粗鬆症は基礎疾患の有無によって原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症の2つに分類されます。

このうち、骨粗鬆症の大半を占める原発性骨粗鬆症は閉経や老化にともなう骨密度の低下が原因ですが、近年は食の欧米化により、骨形成に欠かせないカルシウムの不足を不足させる動物性たんぱくやカフェイン、アルコールなどの過剰摂取も大きな要因のひとつに数えられています。

そのため、治療の方法としては、乳製品を中心としたバランスのよい食事の摂取と適度な運動、日光浴などを含めた日常生活の指導が行われます。

また、生活指導と併行して薬物療法が実施され、破骨細胞の活動を抑制するビスフォスフォネート系製剤や活性型ビタミンD、ビタミンK、カルシウム製剤などの投与が行われます。

生活習慣病の詳しい資料請求はこちら!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!