動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪がたまり、スムーズに血液が流れなくなる状態のことです。

通常、血管は柔軟性に富んでおり、心臓から送られてきた血液を全身に送る役割を担っています。

しかし、血中にコレステロールや中性脂肪がたまってドロドロの状態になると、血管の内壁が傷つき、弾力性が失われて硬化していきます。

動脈硬化を放っておくと、心臓病や脳卒中などの重大な生活習慣病を引きおこし、命に関わる危険性があります。

動脈硬化の症状

動脈硬化は自覚症状がなく、早期発見が難しい病状と言われています。

症状が悪化すると、顔面けいれんや狭心症、心筋梗塞、尿毒症、大動脈瘤などさまざまな合併症を引きおこし、その種類は動脈硬化の発生部位によって異なります。

中には命にかかわる重大な疾患もあるため、症状があらわれてから治療するのではなく、定期的に診断を受け、早期に対処することが大切です。

ちなみに、高コレステロール血症、糖尿病などを患っている方は動脈硬化をおこしやすい傾向にありますが、確実な診断には卵管撮影などが必要となります。

原因と治療

動脈硬化は加齢とともに進行するため、老化現象のひとつとも言われています。

ただ、高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満などの生活習慣病によるところも大きく、高カロリー食の摂取や運動不足、喫煙の習慣がある方は動脈硬化をおこしやすい傾向にあります。

そのため、動脈硬化の治療では、高脂血症や高血圧症、糖尿病などの改善が重視されます。

また、各臓器の血流障害や血栓の生成を予防するために、血流改善薬や抗血小板薬などを投与したり、せまくなった血管を拡張させる手術などを行うこともあります。

生活習慣病予防にはこちらがオススメ!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!