生活習慣病とは?

生活習慣病とは、生活習慣が発症・進行に関係していると考えられる疾患のことです。

ここでいう生活習慣とは、日常的な行動全般を指しており、たとえば食事の内容運動の有無喫煙・飲酒の習慣などが挙げられます。

これら生活習慣の積み重ねを原因とする疾患は数多くありますが、いずれも放置しておくと命にかかわる重大な病気で、日本人の死亡原因の3分の2近くを生活習慣病が占めています。

生活習慣病は昔からある病気ですが、近年は罹患率が増えており、深刻な社会問題となっています。

生活習慣病の死亡リスク

生活習慣病の原因となる生活習慣は国や地域によって大きく異なりますが、いずれの地域でも、生活習慣病の死亡リスクは高いと認識されています。

スウェーデンが行った32年間にわたる追跡調査では、生活習慣病による死亡リスクは喫煙1.92倍、糖尿病1.64倍、高血圧1.55倍、メタボリック症候群1.36倍、高コレステロール血症1.10倍というデータが報告されており、特に喫煙は最大のリスクであることが確認されています。

ただ、糖尿病や高血圧、メタボリック症候群、高コレステロール血症については食生活に起因している可能性が高く、がん発生原因の30%に関わっているという報告もあります。

日本の生活習慣病

日本では昭和30年以降、日本人の3大死亡原因といわれる脳卒中・がん・心臓病の対策を行ってきました。

当時は中高年の罹患率が高かったことから『成人病』と呼ばれていましたが、主な原因は加齢ではなく、長年の生活習慣が深く関与していることが判明し、現在では生活習慣病という呼称が一般的となっています。

ちなみに、日本人の死亡原因のトップを占める脳卒中、がん、心臓病による2006年の死亡割合は58.2%に及んでおり、実に半数以上が生活習慣病で死亡しています。

そのため、現在日本では食生活の見直しや禁煙が推奨されているほか、2008年にはメタボリック症候群に対する特定健診制度をもうけるなど、数々の生活習慣病策が打ち立てられています。

生活習慣病予防にはこちらがオススメ!
えがおの黒酢
えがおの黒酢
テレビCMでおなじみ"えがおの黒酢" 伝統製法で作られたこだわりの黒酢
ラクトフェリン【ライオン】
ラクトフェリン【ライオン】
熱や酸に弱いラクトフェリンを特殊コーティング!胃で分解されずに腸までとどける!